プライバシーポリシー サイトマップ

 野尻湖周辺 信濃町の観光名所 トレッキング・ハイキングコース

  
野尻湖のある信濃町は、黒姫高原や斑尾高原がありますが、文学の香り高い土地でもあります。俳人小林一茶の生誕地もある信濃町には「一茶記念館」があり、一茶の作品が展示されています。黒姫高原の「黒姫童話館」ではミヒャエル・エンデや松谷みよ子の資料や、いわさきちひろのアトリエがあり、高原の風を感じながら文学に触れることができます。
また、黒姫高原は5月初旬から芝桜、雪アジサイ、ダリアが順次咲き始め、8月初旬から咲く100万本のコスモスは新聞読者が選ぶ日本一のコスモスの場所としても知られています。
信濃町以外にも他の観光名所へのアクセスもしやすく、野尻湖から車で1時間以内に行ける場所は、妙高高原、上越、 小布施、須坂、 湯田中高原、 戸隠、野沢温泉、長野、 志賀高原など多岐に渡っています。
そのため花の名所を見たい、歴史の名所に行ってみたい、ウィンタースポーツを楽しみたいなど、季節や目的によっていつ野尻湖に来ても行ける場所が多いので飽きさせません。
野尻湖に来た際は、是非色んな観光地も巡ってみてはいかがでしょうか。

信濃町の観光スポット 一茶記念館、黒姫童話館、コスモス

 一茶記念館 小林一茶の俳句・資料の展示
俳人小林一茶の記念館です。50歳で故郷に戻った一茶 は、晩年はふるさとで暮らし、俳句指導や出版活動を続け、二万句におよぶ俳句を残しています。
小林一茶記念館は、一茶、終焉の土蔵が国史跡に指定されたのを記念して小林一茶の墓のある小丸山にあります。残された多くの作品を中心に、一茶の生涯と文学を紹介しています。
記念館のある小丸山公園には、他にも俳諧寺や一茶の墓と数々の句碑があります。
一茶記念館ホームページ

 黒姫童話館 童話の森
森と草原に囲まれた童話館は、「モモ」「はてしない物語」の作者ミヒャエル・エンデや「龍の小太郎」の作者松谷みよ子など国内外の童話や絵本、信州の昔話などを展示しています。特にミヒャエル・エンデは生前自分の持つほとんどの資料を信濃町に提供してくれたため、世界で唯一エンデの資料を常設展示している。
また屋外にはいわさきちひろさんがアトリエとして使用していた黒姫山荘が移設展示されています。信濃町の自然を愛したいわさきさんの山荘も、是非足を運んでいただきたい場所のひとつです。
黒姫童話館や童話の森ギャラリーでは定期的にイベントも開催されています。
童話館の外にあるベンチやオブジェもメルヘンチックでかわいらしいので、のんびりと過ごしたくなる場所です。
黒姫童話館ホームページ

 黒姫コスモス園
「黒姫といえばコスモス」を思い浮かべる人も多いように、黒姫コスモス園は、約3.8haの敷地内に50品種100万本のコスモスが咲き誇る、国内最大規模の花畑です・花の色や大きさ、開花期の長さは全国でも類がなく、夏から晩秋にかけて次々に花開きます。パノラマリフトに乗って見るコスモス空中散歩は眼下に一面のコスモス畑を見られるのでオススメです。10月10日までの営業で、シーズンの終わり頃にはコスモスを自由に取っていただけるイベントも開催。コスモスが有名だが、芝桜や雪アジサイの森、世界のダリア2000株などの見所もあり。

 その他信濃町から周辺地域への所要時間
野尻湖から各地へ車を使った場合の所要時間になります。
交通状況などによっては前後する事があります。
・妙高高原 10分  ・上越 30分  
・小布施 30分  ・須坂 30分
・湯田中高原 30分  ・戸隠 30分 
・長野 40分  ・野沢温泉 45分
・志賀高原 60分   ・白馬 100分
 
 

トレッキング・ハイキング・登山 自然の中を歩く

野尻湖および黒姫高原には、トレッキング・ハイキング・登山の人向けの歩きやすいコースがいくつかあります。1時間程度で行けるコースもありますので、歩いてみませんか。森林の中には森の香りやマイナスイオン、自然の音などの癒しの効果があふれています。
森の持つ癒しの効果を感じてください。
 御鹿池遊歩道コース
黒姫高原バス停→御鹿滝→御鹿池→バス停。難易度A(とっても楽)。所要時間約1時間30分 距離1.2km。黒姫高原の森と草原の中にある、御鹿池を周回するコースです。車の進入が規制されてますので小鳥のさえずりなどの自然の音が良く聞こえ、静けさを存分に味わうこともできます。黒姫童話館・童話の森ギャラリーが近くにあり、喫茶室での軽食も可能です。癒しの森コースの一つ、童話の森コースへも行くことができます。4月下旬は真っ白なコブシと黄色いリュウキンカの花におおわれて幻想的です。

 象の小径コース
象の小径→自然林→野尻湖畔。難易度B(ちょっと軽め)、トレッキングの装備が必要。所要時間約1時間 距離2.5km。野尻湖を見ながら歩けるコースで小松屋ホテルからも一番近いコースでもあります。
野尻湖の湖畔まで行くことが可能で、途中には休憩スペースもあります。
アップダウンが少ないので、気軽に歩くことができます。林道には古くからのコナラやミズナラが圧倒的に多く、ヤマザクラ、クリ、ヤマボウシなどの広葉樹が目立ち、有名な「静かな湖畔の森の陰から〜♪」の歌がうまれた岬も通ります。小道はふかふかの葉に覆われている個所もありますので、ノルデックウォーキングにも最適です。

 地震滝(苗名滝)コース
黒姫高原町営駐車場→地雷也洞穴入口→地震滝(苗名滝)。難易度C(ちょっと頑張る)、トレッキングの装備が必要。所要時間約4時間30分 距離7km。
黒姫高原から日本の滝百選の「地震滝(苗名滝)」まで歩くロングコースです。針葉樹林、広葉樹林ともに楽しめるロングコースで、純然たる森林浴が楽しめる癒しの径です。コース到着点には日本の滝百選の地震滝があり、落差55mの岸壁から白い水しぶきとともに、地響きにも似た轟音が迫力満点で、到着時の充実感を倍増させてくれます。約7kmのロングコースですが整備された状態で標高差の少ないコースは地元でも珍しく、古くから親しまれています。
 

スポーツを楽しむ 多数のスキー場、ゴルフ場に近い

 スキー場
野尻湖の近くにはスキー場が多くあるので、日替わりで違うスキー場に行くなども可能です。最近はスキー・スノーボードの他、スノーシューや雪上でのノルディックウォーキングにも注目が集まっています。
野尻湖から近いスキー場
斑尾高原スキー場、タングラムスキーサーカス、黒姫高原スノーパーク、妙高杉の原スキー場、池の平温泉スキー場、赤倉温泉スキー場
 ゴルフ場
野尻湖周辺にはたくさんのゴルフ場が存在します。高原のすそ野に広がるゴルフ場が多く、松が峰カントリークラブ、妙高高原ゴルフクラブ、妙高カントリークラブ、斑尾高原カントリー倶楽部、斑尾東急ゴルフクラブ、長野国際カントリークラブ、信濃ゴルフクラブ、妙高サンシャインゴルフ倶楽部と様々なゴルフ場からアクセスしやすい位置にありますので、コンペにも最適な拠点にもなります。




トップページ お知らせ/季節のイベント 施設紹介/お料理 宿泊料金/合宿 アクセスマップ
湖で遊ぶ 周辺観光 野尻湖周辺の四季 野尻湖ナウマンゾウ物語 バスフィッシング
個人情報 サイトマップ 上に戻る↑


小松屋ホテル  〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻258-1  TEL:026-258-2321  FAX:026-258-3930