プライバシーポリシー サイトマップ

バス釣り、バスフィッシング

バス釣り
野尻湖の水面標高は654m、最大水深は38.5m、湖岸周囲は15.6Kmと透明度が高く、西側と東側はなだらかなフラットエリア、北側と南側は急深の岩場など、変化に富んだ地形で、国内屈指のバス釣りフィールドとして人気が高い湖です。ルール・マナーを守り、安全に釣りをお楽しみください。スモールマウスバス(コクチバス)は、強烈な引きを楽しむ事ができます。

最近では、特に人気も高く、野尻湖のスモールに魅せられ訪れる方も多いほどです。

■バストーナメントなどのスポーツ競技開催(JB/NBCバストーナメント)が開催されています。  JB日本バスプロ協会、NBC日本バスクラブ公式サイト

スモールマウスバス(コクチバス)

バス
1991年に突如長野県の野尻湖で発見され(国内初確認)、オオクチバスよりも低水温を好み、流れの速い河川でも生息できるという性質から繁殖のではないかと考えられています。

遠方からも多くのバサーが訪れ野尻湖バスフィッシングを楽しんでいます

成魚は全長30-50cmほど。オオクチバスと比較して口が小さく、目より後ろには達しない。またコクチバスの方が体高が高く鱗が細かい。側線上部鱗数はオオクチバスが8なのに対し、コクチバスは11-13と言われています。
 オオクチバス
ブラックバスは、体長の割に引きが強いことや、季節によって一定のパターンをもって行動することから、釣りの対象魚として人気がある。日本で50cm以上の物は「ランカーサイズ」としてバサーを魅了しています。実際に野尻湖では、50cm以上の大物も多く生息しているようです。
 




トップページ お知らせ/季節のイベント 施設紹介/お料理 宿泊料金/合宿 アクセスマップ
湖で遊ぶ 周辺観光 野尻湖周辺の四季 野尻湖ナウマンゾウ物語 バスフィッシング
個人情報 サイトマップ 上に戻る↑


小松屋ホテル  〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻258-1  TEL:026-258-2321  FAX:026-258-3930