プライバシーポリシー サイトマップ

野尻湖の四季 北信五岳に囲まれた湖で景色を楽しむ。写真・スケッチ

 野尻湖は、48の岬があるといわれるほど湖岸線は出入りに富み、入り組んだ湖の形が芙蓉の葉のように見えることから、「芙蓉湖」とも呼ばれています。周囲は北信五岳と呼ばれる黒姫山、戸隠山、飯綱山、斑尾山、妙高山が取り囲んでいますが、これらの山に囲まれた野尻湖は四季によって異なった色を見せます。
生命の息吹が感じられる春、マリンスポーツで野尻湖が賑わう夏、山が紅葉に色づく秋、一面白く覆われる冬と、それぞれ四季の景色は様々ですが、山に囲まれ中心に湖がある光景はそれだけで美しく、時には、山の景色が湖に鏡のように映り、いっそう壮大で神秘的なものに感じられます。
野尻湖は遊ぶ楽しみもありますが、時にはじっくり景色を眺め、写真に撮ったり、スケッチしてみるのも、また良いものです。
芸術家にも愛された野尻湖の四季の景色をお楽しみください。

このページの写真は一部を除き、野尻湖の美しい写真を掲載しているホームページ「野尻湖の四季」より管理人様の許可の元で掲載させて頂きました。ここに掲載した写真はごく一部で、「野尻湖の四季」ホームページにはたくさんの美しい野尻湖の写真が掲載されていますので、是非ご覧ください。

野尻湖の春 湖水開き、バス釣り、山菜採り

長い冬が終わり、雪の下に潜んでいた植物が芽吹き始める野尻湖の春。4月末には野尻湖の湖水開きの儀式が行われ、1年間の安全を祈願します。釣りをする人にとっては待ちにまった時でしょう。バス釣りをする人たちが多く訪れ始めます。斑尾山や黒姫山、野尻湖の標高の高いところでは山菜採りが楽しめます。ふきのとう、こごみ、ネマガリダケ、山ウド、タラノメ、ゼンマイ、ツクシ、わらび、ギョウジャニンニク、フキ、コシアブラ・・など春の恵みを楽しんでください。
画像をクリックすると拡大します。
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季」ホームページより
 

野尻湖の夏 マリンスポーツ、アウトドアスポーツ 花火大会

すがすがしい夏空の下で、マリンスポーツを楽しむ人が野尻湖に集まります。ヨット、カヌー、ウェイクボード、水上スキー、遊覧船など週末の野尻湖は非常に賑わっています。
平地では真夏の暑い日でも、標高600メートルを超える信濃町はそれほど暑くなく、、真夏日もほんの数日しかなく涼しく過ごしやすいので避暑地として利用する人も多くいます。
マリンスポーツの他にもトレッキング、ノルディックウォーキングなどのアウトドアスポーツが気持ちよく楽しめる季節です。
毎年7月に開かれる「野尻湖灯ろう流し花火大会」は、大正中期から続く伝統の花火大会。約2000発の花火が打ち上げられ盛り上がります。湖面に映る花火は華やかさを倍増させます。
画像をクリックすると拡大します。
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季」ホームページより

野尻湖の秋 紅葉 黒姫コスモス

標高の高い野尻湖は、8月下旬頃から少しずつ秋の気配が感じられ、10月頃には紅葉が見頃を迎えます。野尻湖の周りは赤や黄色の色とりどりに変化するグラデーションで埋め尽され、赤とんぼが舞い、野尻湖の一番美しい季節の始まりです。少し冷えてきた空気の中で、湖のほとりに座って紅葉を眺めていると、とてもリラックスした時間が過ごせることと思います。
遊覧船は11月まで運航していますので、夏とはまた違った景色を見たり、秋の弁天島を訪れてみるのもまたいいですよ。
画像をクリックすると拡大します。
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季」ホームページより
 野尻湖の冬 わかさぎ釣り スキー・スノーボード
11月からは野尻湖の冬の風物詩として「わかさぎ釣り」が解禁されます。暖かい屋形船の中から釣れるということで、休日は予約しないと取れないほどの人気ぶりです。
近くに黒姫高原スキー場や斑尾スキー場がありますのでスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツも楽しめます。
冬の空気が澄んだ日は、野尻湖の湖面には雪に覆われた黒姫山や飯綱山がまるで鏡のように映し出され、神秘的な光景を醸し出しています。
画像をクリックすると拡大します。
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季 小松屋ホテル 野尻湖の四季 小松屋ホテル
野尻湖の四季」ホームページより
 
 野尻湖でスケッチ 芸術家に愛された野尻湖
自然の景色が美しい野尻湖は、芸術家にも愛されてきました、
芸術家の東山魁夷さんは現在は営業終了となった「野尻湖ホテル」に訪れて、部屋の窓からホテルの窓から野尻湖や黒姫山をスケッチしたそうです。東山さんは、この風景が気に入り、エッセー「野尻湖」で「この宿の部屋から見える自然の変貌の美しさは、いくら眺めていても飽きないものである」と記載しています。1955年に描いた「光昏」は、日本芸術院賞に選ばれ、東山さんの代表作のひとつとして、多くの人々に親しまれています。

またいわさきちひろさんもこの野尻湖に縁のある方です。
いわさきさんは、アトリエを兼ねた山荘を黒姫高原に建てていますが、建築時野尻湖の景観に特にこだわりがあり、やぐらを組み、湖が見える高さを確かめてから床の高さを決めたといわれています。この山荘ができてからは、いわさきさんは毎年ここで絵本の制作を行っていました。「いわさきちひろ黒姫山荘」は、黒姫童話館の入館券で見学することができます。

つい絵筆を持ってスケッチしたくなる野尻湖の光景。水彩、色鉛筆、アクリル、鉛筆、油彩など好みの画材を持って絵を描いてみませんか。
 




トップページ お知らせ/季節のイベント 施設紹介/お料理 宿泊料金/合宿 アクセスマップ
湖で遊ぶ 周辺観光 野尻湖周辺の四季 野尻湖ナウマンゾウ物語 バスフィッシング
個人情報 サイトマップ 上に戻る↑


小松屋ホテル  〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻258-1  TEL:026-258-2321  FAX:026-258-3930